グルメ

話題のフライドポテトバーガーとは?日本で食べる方法も!

アメリカの大手ファストフード店である

バーガーキング

がニュージーランドで

フライドポテトだけをはさんだバーガー

を売り出して、ネット上でかなりの話題になってます。

話題沸騰の「フライドポテトバーガー」について、調査しました!

話題の「フライドポテトバーガー」とは?

フライドポテトバーガーとは

名前そのまま

バンズ(パン)に、フライドポテトを挟んだだけのハンバーガーです。

調味料には、「ケチャップ」「マヨネーズ」がたっぷりかけられています。

正式名称:「CHIP BUTTY(チップバティ)」

販売価格:「2NZドル(ニュージーランド・ドル)」

日本円にすると、約140円です。

さらに、ベーコンを追加でサンドした商品もあり

正式名称:「CHIP BUTTY Bacon(チップバティ・ベーコン)」

こちらは、日本円で約210円だそうです。

バーガーキングの調理場で責任者がバンズの上に、たまたまポテトを落としてしまった・・・。

それから発案されたハンバーガーのようです。

なんともユニークなハンバーガーですね。

お値段も手ごろで、ぜひ食べてみたいですね。

ハンバーガーにポテトはどうなの?

「ハンバーガーにポテトなんてどうかと思う」

という方もおられると思いますが・・・

日本でもファストフード店でハンバーガーをセットで買うと

たいがいフライドポテトがついてきますよね。

別々で食べるのか

同時に食べるのか

の違いだけのような気もしますが・・・w

実際、大手ファストフードチェーンの「マクドナルド」では

「アイダホ・バーガー」と呼ばれるオリジナルバーガーがありました。

フライドポテトとは違いますが

ハンバーガーにどでかい「ハッシュポテト」が挟んでありました。

これも好みが分かれると思いますが、私は好きでしたよ!

ネット上の反応は?

フライドポテトバーガーを日本で食べる方法は?

日本でこの「フライドポテトバーガー」を食べるには?

現在のところ、日本のバーガーキングでは商品として販売されていませんが

人気が出たら、もしかしたら、販売されるかもしれません。

しかし!

これだけ話題になれば、「少し食べてみたい!」と思うのは当然のことです。

そこで考えました。

マクドナルドで「ハンバーガー」「マックフライポテト」を買って

挟んでみてはいかがでしょうか??

お好みでケチャップもかけてみましょう!

※マックフライポテトを買えば、ケチャップは無料でもらえます。

どうですかね・・・?

まとめ

バーガーキングで話題の「ポテトバーガー」についてまとめました。

今後、人気が出れば日本のバーガーキングでも販売されるかもしれませんね。

好き・嫌い・賛否両論あるとは思いますが、楽しみです!

-グルメ
-,

© 2020 Future World Powered by AFFINGER5